2014年11月22日

毛穴パック 後遺症 治す

貼ってはがすタイプの毛穴パックは、そのとれ具合いが快感になり、やみつきになって何度も使う人がいますが、使いすぎると毛穴がよけい目立ってしまうことも…

なぜなら、角栓をパックで引っ張りだすのは、皮膚を刺激することなのです。
無理な洗顔は、毛穴の状態を悪くすることになり、結果として毛穴が開いたままになる可能性があります。

加齢とともに、皮脂の分泌も少なくなてきますが、過去のケアの失敗が尾を引き、毛穴の開きが気になる方が多いようです。

加齢とともに毛穴もたれさがり、ますます目立つように、、、、
これは肌の保湿が加齢と共に下がってきたため、毛穴を持ちこたえることができないため起こる現象です。
この場合は、単に皮脂や角質を除去するだけではなく、保湿成分であるコラーゲンエストロゲンなどの補充が必要になります。
お肌のケアはもちろんですが、体の中から、保湿成分を補ってあげてほしいと思います。

この補充に簡単なのがサプリですね。サプリの場合は、利用後すぐに実感できなければ次の購入が見込めませんから、リピート者が多いサプリがやはり優秀ということになります。

そういう意味ででは、このサプリは優秀です!利用者からも好評です。





posted by 毛穴パック at 12:56| 毛穴パック 後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

毛穴パック 後遺症

毛穴の後遺症の原因としては、主に2つです。

洗顔と毛穴パックの問題

洗顔は、皮脂の異常分泌していた10代から20代に、毛穴の洗顔を十分に行わなかった。
もしくは、間違った洗顔方法で素肌を痛めてしまった。という例。

洗顔が上手に行かない場合は、毛穴に詰まった角栓が毛穴の炎症の原因になりニキビになることも。。。
しっかりとした洗顔というとゴシゴシ洗うイメージになりますが、そうではありません。
サッパリ系の石けんで1分以内にすばやくしっかりと洗顔するのです。

丁寧さとスピードが大切。


もうひとつの毛穴パックの後遺症は、毛穴の角栓がよくとれるからと面白がってつい何度も行ってしまう例が後をたちません。

これは、皮膚に強い刺激となって肌を痛めてしまう原因になります。
確かに、角栓を除去するためには、毛穴パックは有効な方法ですが、刺激が強いため、最低でも2週間は間隔を空けるようにしましょう。

posted by 毛穴パック at 12:45| 毛穴パック 後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
毛穴パック」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。